ルールを選定する

ドメインには、部品定義と相互接続に関するたくさんのルールがあります。MetaEdit+のGOPRRメタモデル作成ツールを使用すれば、これらのルールを簡単に規定できます。開発者がモデリング言語を使用している時でも、ルールを変更することが可能です。MetaEdit+を使えば、開発者の環境を自動的に新しいドメインルールにアップデートできます。

ルールを選ぶ ルールに従ってモデリング

MetaEdit+では、モデル内及びモデル間のルールを規定できます。1つのモデリング言語では、そのコンセプトの相互関連性とオブジェクト間接続数が定義されます。例えば、"InitialState" のインスタンスはただ1つの 
"TriggeringConnection" を持ち、そのインスタンスは同じ通知イベントを最低でも2ヶ所に送る必要があるという具合です。こういったルールを定義することで、MetaEdit+を使っている開発者が、必ず正しい定義を行うことが保障されます。

エクスプロージョン、デコンポジッション、再利用といった多様なモデリングコンセプトも利用可能です。 例えば"Productfeature"というドメインコンセプトは、1つ以上の振舞を示したステート図を持つことができるというものが、エクスプロージョンの例として挙げられます。